OOO YY

写真しかり

January 28, 2019

街から見える冷たい風景には

一つでもあればいいと思える星があって、

朝から晩まで顔色一つ変えることなく

走り続ける電車もある。

.

欲張ろうとすればどこまでもいけるけど

欲張りすぎると飽きられる気もする。

.

何も変わってなくても懐かしさを感じて

普段の日々が愛しくなる時もある。

ましてや、その四角に納められたものが

 

最高の瞬間ではないことを諦め、

なにも変わってないことにも

物事の本来持つ儚さを感じ、愛しくなることもある。

.

ということで、

最近は写真を適当に撮るのにハマっています。

.

.

SOUKI

 

赤い服のおじさん

December 24, 2018

好奇心と無邪気な心をもって、布団に入った。

温度はホットチョコレートくらい。

生暖かい。

.

適正者か不適正者か。

いやそもそも嘘っぽい。

かっこいい主人公みたいだけど僕よりだいぶ年上。

おじいちゃんよりもおじいさんな気がしている。

.

多くは語らず、姿を見せず、いつの間にか靴下に。

.

そのトリックを見破りたいわけでも、

プレゼントがたくさん欲しいわけでもなく。

ただ説得力が欲しかった。

きっとただ、「説得力」が欲しかったのだと思う。

.

実在しているとか実在してないとかでなく、

僕は、この目で見たんだ!

という力強い言葉を誰よりも早く口にして、

誰よりもヒーローを知ってるヒーローなりたかった。

.

それはすごくかっこいい事だし、

フィクションからの出口だと思った。

多分、そうだと思う。

.

.

時計の針が進む。まだ、異常なし。

じっくりと待っていよう。

さらに時計の針が進む。寝たふりをしてみる。

まだまだ、異常なし。

.

.

そのときは、「絶対朝まで起きててやる!」

と思っていた。

ふと気付いたらキラキラした乾いた空気とテレビの音。

眩しいけどカーテンをあける。

.

そして、もしかしたらこのあまりにも綺麗に包まれた箱と

赤い靴下の中に入った夢のような数のお菓子は。

.

.

戸惑うこともなく、疑うこともなく、

「やった、サンタさんがきた!」

一瞬にして目が覚めた。

頭で分かってはいたのに記憶が消えたように飛び起きる。

きっと、嬉しかったと思う。

.

無駄な夜更かしではなかったと思う。

大人になっても夜更かしとワクワクすることが好きなのは

もしかしたらクリスマスのせいなのかな。

.

.

さて、

美しい記憶は美しいままで。

.

年内も残り僅かですが、宜しくお願い致します。

メリークリスマス。

.

SOUKI

Page 1 of 18 »

Blog

Update: February 21, 2019

BlogZoomphoto by Yuki Ohashi

February 2019 < >

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

Staff

Categories

Recent entries

Archives