OOO YY

タイ2〜グッバイ☆煩悩〜

October 30, 2011

 えー、サワディークラップ。

前回のタイ旅行の続きを書きます。

まずは朝6時に起きて国内線でチェンマイに行きました。
日にちがあまり無かったので日帰りです。

弾丸ト○ベラーの様なチェンマイの旅スタートです。

まずは標高1080メートルの山の山頂にある寺、ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープに行きました。
着いてもまだ階段。

頂上はバンコクに続きやっぱりバブリー。

ちっちゃい子が踊ってました。

その次に遺跡を見ました。
ここでは着くなりおばちゃんが
「コノトリ、トバス、ネ?オネガイスル。ネ?シアワセ。シアワセ。」
て言いながらやって来て、10羽ほど小鳥の入った籠を渡され、あっという間に鳥を逃し、小鳥達が、白い雲を突き抜けファラウェイして行きました。

何事か、と手に籠を持ったまま立ち尽くしていると100バーツ(300円程度)を請求さてました。
相手に断る隙さえ与えないおばちゃんの怒濤のラッシュと下心丸出し、煩悩だだ漏れの笑顔に押され、払いました。
この旅、初の敗北感。

気を取り直してワット・チェーディー・ルアンへ行きました。
上が1545年の地震で壊れたそうですがデカイ。
そして僕はここでとんでもない真実を知ってしまうのです。


事の発端は一枚の張り紙でした。


やられました。さっきあったおばちゃん、アレじゃん。
「敗北感」→「敗北」。

悔しさをグッと堪えバンコクへ。

とまあ、こんな感じで終わりました。

最終日はどうしても見たかった本場のムエタイを見ました。

試合中はタイの伝統音楽が生演奏され、リングサイドでビールを飲みながらみれて大満足。

現地の人々は選手にお金を賭けるらしく大盛り上がり。

と、大分ざっくりですが、こんな感じでした。

振り返ってみると、ほぼ「寺巡り」な旅でした、残念ながら108つある煩悩は全く払拭できず、煩悩まみれの僕は悟りは開けませんでしたが、とても充実した旅でした。

tatsuya











LONDON 1.

October 30, 2011

 
KEIです。

PARISからの続きです。

ユーロスターに乗ってロンドン着きました。

地下鉄で目指すはオールドゲート・イースト駅。

4日間泊めてもらうことになった1TA-RAWくん(ALEJANDRO盟友)が駅まで迎えに来てくれ、

ブリックレーンへ!!



夕暮れ時なのに早くもみなさん飲んで食べて盛り上がりつつありました。

ブリック・レーンはロンドンでもイースト(東)にある地域です。

最初僕の友達は皆なんでここらへんに住んでるのだろうと疑問でした。

しかし何日かいるうちにとても面白い場所だからだということがわかりました。

洋服屋、古着屋、飲食店、レコード屋etc...

お洒落な若者が盛り上がってる場所だったのです。

白人、黒人、バングラ人、アラブ人など人種がかなりクロスオーバーしてる人間交差点!!





仮眠をとり(←重要)、イチタローおすすめのウェアハウスで開催される

このパーティーに行ってきました↓




ペッカム(ロンドン南のほう)のウェアハウスで2F,3F,4Fで同時開催のダンスミュージックパーティーです。

それぞれのフロアにサウンドシステムが導入され3つクラブが合体してるような感じでしょうか。

音楽のジャンルでいうとDUB STEPを中心に、今風マイアミBASS?〜 HOUSE/TECHNO〜

ドラムンBASSやラガジャングルまでがそれぞれのDJによって別々のフロアでプレイされて

いました。とにかく ”ゲトー で ベース音強力 な 踊れる パーティー”でした!!




ここは2FでDJ RASHADとDJ SPINNがプレイ。

BPM(速さ)は通常のHOUSE/TECHNOより速く、

当時のマイアミBASSが今のロンドンで主流のDUB STEPのテイストを盛り込んでる感じ?

縦だけでなく横にも振る下世話でキャッチー。

僕はめちゃめちゃ踊ってしまいました。

話に聞くところでは今LONDONで最先端?なイケてるDJだそうです。

それは納得。。




1F(外)のエントランス内側の喫煙スペースでちょっと休憩。




それにしてもMADな建物でした。

暗そうに見えますが、皆ワイワイと賑わってます。

日本では絶対にないいい場所だな〜(墨田区のハイチやDK SOUNDぐらいの規模ならあるけど)

とか思いつつTHE BAGを観に↓



すごいっ!刃物のような高音&中高音にバズーカー砲のようなコンモリした低音が...

気持ち良すぎて、、お酒こぼしそうになりました。

上の写真はBUGがライブするトラックにFLOW DANとダディー・フレディーがラガ参加!!



THE BUGクソかっこよかったです!!大盛況でした。



ダディー・フレディーと↓






僕はこの髪型のせいか『何年伸ばしてるんだ!?』とか『自毛か?』とか『写真撮らしてく

れ』とか言われ黒人や白人によく話しかけられます。


その1↓





その2↓




その3↓



以上全員このウェアハウスパーティーで話しかけられて、、

写真撮られた後に『一緒に撮ろう!』とか言ってて撮った写真です。




ロンドンのクラブは週末でも普段am3時くらいまでしかやってないそうですが、

このパーティーはめずらしくam6時までやっておりまして、朝まで遊んじゃいました。

BUGさんたちとタクシーに乗り、、







朝帰りの図。1TA-RAWくんと。

しかし、ロンドン寒いっ!!


東京だと肌の表面が寒いと感じますが、向こうは肌から中に貫通し身にしみる感じです。

もっと冬になると骨の随までキーンとしみるそうです。(コワっ!)





つづく

Page 1 of 12 »

Blog

Update: December 15, 2018

BlogZoomphoto by Yuki Ohashi

October 2011 < >

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Staff

Categories

Recent entries

Archives