OOO YY

行きたかったニ箇所

December 11, 2020

Tatsuyaです。

前々からずっと行こうと思っており、先日やっといけた場所をニ箇所紹介します。

まず上野の国立科学博物館。大きく「日本館」「世界館」の2つからなる博物館です。

ここに行った目的は1つ。

恐竜の化石があるから。

男はもれなく恐竜好きだと自負しています。

浪漫。

後半は恐竜興味ない方の為にグルメの話です。

我慢。

↑T-REX  「恐竜といえば」的な大型肉食恐竜

ここのT-REXは狩をする際のしゃがみこんだ姿勢を世界で初めて再現してるそうです。

↑ パキケファロサウルス

諸説ありますが、頭突きするために頭蓋骨の厚みが2~30センチある恐竜

↑アーケロン

恐竜じゃないけどほぼ同時代の海にいた超大型の亀

全長4メートル、幅5メートル程になるそうです。

このほか大量の骨格化石や動物の剥製、科学の歴史にまつわるものがあり、日本館も含めると1日じゃ見切れないくらいの広さです。

そして日本館は建築も歴史が古くとても綺麗です。

国立科学博物館

さて、もう1つが

目黒通りにあるkabi

「日本の食材や食文化を、和食とは違う形で世界に発信する」をテーマに料理が作られています

基本はコースのみで、アルコールとのペアリングコースをお願いしました。

一部紹介します。

↑九絵をねかせて熟成させた刺身。

8キロの九絵だったそうですが、8キロ食える旨さ。

↑カブをメインにしたスープ。

雲丹やらなんやらが沢山入ってもう何が何だかわからないけどとんでもない旨味と酸味の効いたスープ。

鍋ごと飲める。

これはお店に行く前から写真だけ見たことがあり勝手にデザートかと思ってましたが

寿司でした。

酢漬けにしたイワシを葉ワサビで巻いてケール(だったかな?)の粉末をまぶしたもの。

見た目と味のギャップに混乱しました。(旨い)

↑たまたま自分の生まれ年の古酒も飲めたり、料理に合うワインや日本酒も飲めて

大満足な内容でした。

季節で仕入れる食材でメニューが変わるので今度は春や夏に伺いたいです。

kabi

TOKYO SPORT PLAYGROUND

October 25, 2020

こんにちは、Tatsuyaです。

今月、豊洲にオープンしたTOKYO SPORT PLAYGROUNDに行ってきました。

NIKEが施設デザインとプログラムを行い、三井不動産レジデンシャルが運営する屋外型スポーツ施設で、オリンピック・パラリンピックが終わる2021年9月20日までの期間限定です。(事前予約制、無料)

スケートパークをメインに、バスケットコートとトラック、子供の遊べる簡単な遊具が少しといった内容で、それぞれのエリアがNIKEの各年代を代表するスニーカーのグラフィックを落とし込んだデザインになっています。

休日は晴れていれば大体娘に公園に駆り出されるので、この日は娘に

「(僕にとって)面白い公園に行こう!」と半ば嘘ついてつれていきました。

↑この遊具、遊び方がイマイチわからなかったですが多分これが正解なはず。

だいぶ長いことこの状態でいたので聞いたら

「虫のきもち」とのこと。

↑ドラえもんの空き地にある土管積み上げたやつと同じのがあるのですが、

その中に入ろうとフチを触り「だめだ、これはイタイ」と言ってました。

バスケットコート。ここで「ダルマさんが転んだ」を大声でやらされました。

正直施設はそこまで大きくないですが、綺麗に整備されていて無料なのでNIKE好きな方など

よかったら行ってみて下さい。

住所:東京都江東区豊洲6-4-1

TOKYO SPORT PLAYGROUND 公式サイト

Page 1 of 131 »

Blog

Update: January 18, 2021

BlogZoomphoto by Yuki Ohashi

January 2021 < >

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Staff

Categories

Archives