OOO YY

Reservation

『KEIオススメ映画』1990′s画像(その3.) 最終章

November 4, 2013

KEIです。

『1990’sのオススメ映画』の続きです。

(詳しくはコチラにまとまってます↓)

http://www.ooo-yy.com/blog?ym=201111

 7. 『キカ』(1993年) ペドロ・アルモドバル監督 スペイン  ☆♥

c0106091_1219086

とても賑やかで華やかなお洒落映画!!

当時劇場で衝撃を受けました。

c0106091_12183044

衣装はジャン・ポール・ゴルチェ

しかし、すごい衣装…

ゴルチェさん、映画フィフス・エレメントとかも担当されてるんですが

いつもインパクトが絶大です。

kika2

ロッシ・デ・パルマ様!!

緊縛されておりますがファンシーですね。

このシーンのあたりとかかなり笑えます。

チェック柄はベットシーツや洋服だけでなくテーブルクロスとかもON+ON+ON

のループで楽しくて仕方ないです。

 

可愛いだけでなくどこかフェティッシュなコーディネートをするところがツボです。

kika1

右の2枚の写真の洋服とヘアーかわいいですよね〜

左は、、ノーコメントさせていただきますww

それにしてもアルモドバル監督のテイストごちゃ混ぜのおもちゃ箱をひっくり返した色彩感覚には脱帽◎

 8. 『ブルー』(1993年) デレク・ジャーマン監督 イギリス ★

derek_jarman_1291214403_crop_550x336

終始青い色彩がスクリーンに投影されてます。

単一な色によるとても強烈な感情表現。

hqdefault

デレク・ジャーマン監督はこの映画の製作時にはエイズの末期状態でほぼ盲目でもありました…

ジャーマン自身とエイズで命を落とした全ての友人へのメッセージ。。

崇高な青の世界

301

こんなところでみなさんと観たいですね〜

この画像を見て直島は地中美術館のジェームス・タレルの作品を思い出しました。

無理だろうけどあそこで映画BLUEを観れるといいのになあ(願望)

blue_derek_jarman_import

もしかしたら眠くなっちゃうかもしれませんが少し観るだけでも

神秘世界に吸い込まれるような体験!?

ができるのでみなさま是非っ!

Derek_Jarman_portrait

デレク・ジャーマン監督自身とてもお洒落です。

重ね着のプロ!!

derek-jarman-sized

このヘアー、メンズは真似できますね。

前髪upのスタイリングがベースなのに

おでこに一番近い部分だけおりてるのがポイント。

derekatrisk

つなぎ(オールインワン)の着こなしがホントにかっこいいんですよ。

洋服全般の素材選びに常に味があり、とてもコダワリを感じます。

魅惑的な大人。。

jarman

若い時なのにもかかわらずすでにオーラあります。

知的で上品なサン・ラとでもいいますでしょうか…

映画と関係ないですが

デレク・ジャーマン監督の写真集”ガーデン”

とてもオススメですよ。

(確かだいぶ前にブログで書きました。あとnicoさんが前回のブログでちらっとパリのモネのところで書かれてました)

 9. 『オリーブの林をぬけて』(1994年) アッバズ・キアロスタミ監督 イラン ★♥

img336

とても好きなホンワカ映画♡

オリーブの林っていいですね。しかもイラン…この撮影現場にいってみたいものです。

ひたむきなラブ・ストーリーで心が安らぎます。

o0800045012062041264

 かわいいお家ですね〜植木鉢が何とも言えません◎

全体の色が柔らかくて優しい…

お花の色がアクセントとして効いてます。

土色(壁と景色)×水色(バルコニー)×赤やピンクや緑(花や葉)

二人の役者を引き立てる

絶妙な演出をし、そして最高の構図で撮られてます↑

olive313

かわいい!!

アウターの丈の長さに対し、パーカーのようなターバンの巻き(テルテル坊主のような)を敢えてするハズしの効かせ方。イケてるコーデですね〜

これはブランド、エメラルド・サーティーンでもつくってほしい…

この映画はアッバズ・キアロスタミ監督の「友だちのうちはどこ?」「そして人生はつづく」の続編で実際に撮影中に生じた出来事を元にしています。

要するに1作目を撮っているところを撮ってるのが2作目で、さらにそれを撮ってるのが3作目という特殊な構成になっております。名3部作!!!

ジャームッシュや山本政志監督のように各地でのシーンを同じ時間で進行し1つの話にまとめ映画にしているのはありますが、この映画のようにリアルな過去と現在の重なりの時間軸を描写するのはなかなか貴重ではないかと思います。

51E+4kohqdL._SL500_AA300_

ラストシーンのロングショットは20年近く経った今でも脳内に録画保存されており

いつでもホンワカ再生できます。

それぐらい好きなラストシーン。

どんなシーンなのかは言いません。

疲れてる時でも大丈夫な映画です。

ぜひ観て下さいませ〜〜

10.『オール・アバウト・マイ・マザー』(1999年) ペドロ・アルモドバル監督 スペイン ★☆

d6e1d481

いいですね〜このイラストのパッケージ!

素敵なイラストです。

4900950509904_B002L
motherです。
ブロンドのウェーブヘアーでリップを塗る姿、
粋ですね〜
いい意味での熟女っぷり!
3986_gal
イケメンの息子と、、
この傘はレナウンに特注ですかね?w
アルモドバル映画らしくて好きですが…
752b
我らがペネロペも修道女役で出ています。
アルモドバル監督による女性への讃歌
それにしても登場人物のキャラ濃すぎ…
子供や出産への考え方、女性やゲイの生き方、、など
賛否両論は生むかもしれませんがとても映画の世界に入りやすいいい作品だと思います。
all-about-mother監督!
アルモドバル映画という娯楽の贅沢品
を何本も僕に与えてくれて、、
ありがとうございます!!!!!!!
みなさま

2011年11月からブログに書き始めた

僕のオススメ映画(1950年代から1990年代までの年代別)の連載!?

も、今回で最後となります!!

2年かかっちゃいました××

が、、

お客様はじめ、たくさんの皆様にご覧いただいて、

サロン来店時に感想もいただいたりし、、

嬉しいことも多々ありました。

最初は大変で画像を集めるのも文章を書くのも一苦労してまして

“好きだけど少し時間がかかり面倒なこと”

が、書いてるうちに楽しくなってきて

“やりがいのあるもの”

へとしっかり変貌を遂げました。

継続は力なり!

それなりに好評だったみたいなので少し寂しい気もします。

合計47本終了!!!!!!

お付き合いいただきありがとうございました!!

また、たまに映画のこと書こうと思います〜〜〜

 

Blog

Update: September 23, 2022

BlogZoomphoto by Yuki Ohashi

October 2022 < >

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Staff

Categories

Recent entries

Archives